日本レスキュー

日本レスキュー

  • HOME
  • >
  • レッカーサービス
進栄化成の取り組み

サービス内容

不運にもトラブルに遭われた場合

まずはあせらずにお客様ご自身の安全対策を必ず行って下さい。

 

トラブル発生場所が高速道路及び専用道路(首都高)の場合、第一にお近くの非常電話にて道路管制室に連絡を取られ、管制室の指示に従って下さい。近くに非常電話が見つからない場合には、携帯電話により#9910へ連絡を取られ、音声ガイダンスに従って下さい。

尚、電話の前にご自身の現在地を良く確認されてから(高速道路上には、場所にもよりますが、ガードレール左右どちらかに長方形のプレートにて距離表示が記載されていますので、その数字が目安となります)連絡を取られると良いかと思います。

 

サービス内容

私ども日本レスキューは平成6年に東京都葛飾区に拠点を置き365日24時間にてお客様の大切なバイクのレッカーサービスを行っております。

 

オートバイ専用に開発したレッカー車輌と装備にてピックアップに伺い、お客様のご希望の搬送先にお届けします。また行き着けのバイク店が無く、搬送先も決まっていない場合には、弊社提携の優良店様をご案内出来る場合もあります。

 

 >> レッカーサービスご依頼の流れはコチラから

 >> レッカーサービス運賃表はコチラから

 >> レッカーサービス依頼場所の実績はコチラから

レッカーのIMG

過去にこの様な体験や経験はありませんか?

よくあるケース

お客様より、下記のようなケースがあったというお話をよくお聞きします。

 

■CASE1
ピックアップに来た車輌が自動車専用車輌で斜めな状態で積み下ろしをし、危険な作業の手伝いをした。

■CASE2
ピックアップに来た車輌が普通のトラック、又は軽トラックでラダーを使い積載したが、バイクがパンクしていたのでなかなか積載出来ず危険な作業を手伝って怖かった。

■CASE3
バイクの固定方法を知らない業者だったため。壊されてしまった。

■CASE4
依頼時に明確な金額が解からず、作業終了時に予想以上の金額を請求された。

■CASE5
自分の指定したバイク店様まで搬送してもらえずに、レッカー会社指定のバイク店様に運ばれて困ってしまった。

■CASE6
時間指定での依頼が出来なかった。

■CASE7
遠方までのサービスが受けられなかった。

 

 

最近、色々なケースのシステムによる新規参入業者がバイクの取り扱いも知らずに搬送(レッカー作業)を委託されています。

日本レスキューでは、オートバイ専用に開発した専用車両と装備でお伺いし、お客様とバイクの安全を第一に考え、必ず訓練を受けたバイクレッカーのプロフェッショナルが対応しますのでご安心下さい。

MENU

インフォメーション
メンバー会員募集中
バイクで事故、故障かなと思ったら
バランサのホームページ
このWebサイトを制作した、バランサのホームページ

PAGETOP